現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

音盤紹介:カピュソンによる映画音楽「CINEMA」

2018/10/17(水)


年末近くになると、

どういうわけか、

クラシックのソロ奏者による「映画音楽集」が出てきますね。

たいがい、

「シネマ・パラダイス」と、

「ミッション」より「ガブリエルのオーボエ」が入っていて、

選曲は似たり寄ったりです。

それでも、飽きずに出てきます。


今回も、フランスのヴァイオリニスト、

ルノー・カピュソンが「CINEMA」(邦題:シネマに捧ぐ)という題名で、

そのままのアルバムをリリースしました。

ルノー・カピュソンの演奏録音は、

いつの間にか棚に増えてしまいましたが、

非常に優れたヴァイオリニストです。

一時代を築いた、

ギドン・クレーメルとは個性が全然違いますので、

楽曲がダブっていても非常に楽しめます。

リサ・バティアシュビリという、

店長がどはまりしているヴァイオリニストとも、

かなり個性が異なりますので、

全然気にしないで、

これらのヴァイオリニストのアルバムを購入しています。


カピュソンの「CINEMA」は、

そのオーケストラの編曲、

演奏とも大変優れています。

非常にゴージャスな響きです。

なにより、

カピュソンのヴァイオリンのアゴーギグというより、

イントネーションが素晴らしく、

聞き慣れた音楽も新鮮に響きます。

全然見たこともない映画、

聞いたことのない映画音楽でも十分楽しめます。


1950年代、1960年代は、

オーケストラによるムード音楽が花盛りでした。

ムード音楽はイージーリスニングとも呼ばれていますが、

「ムード音楽」というと、

何だか妖しげでいいですね。

店長も子供の頃、

いろいろと聞いた記憶があります。

今でも聞きますが...。

マントヴァーニとかパーシー・フェイスとか。


ムード音楽のためのオーケストラの維持は、

経済的な問題で難しくなっているそうです。

ボストン・ポップスに代表される、

通常のオーケストラがムード音楽に近いコンサートを開催したり、

演奏録音が出たりしていますが、

昔のムード音楽とはその位置づけは異なるようです。

それに、

そのオーケストラを統率してゆく、

オーナーというか指揮者も少なくなっているようですし。

ムード音楽は絶滅危惧種なのでしょうか。


でも、

今回のルノー・カピュソンのような、

非常に良質なムード音楽と呼べるアルバムが、

忘れたころに思い出したようにリリースされてきます。

全部を確認できているわけは無論ないですが、

知っているヴァイオリニストのアルバムということで、

非常に分かりやすく購入してしまったわけです。


これから秋から冬にかけて、

優れたアレンジと演奏で、

映画音楽の素敵なメロディを堪能できるということでは、

この「CINEMA」というアルバムは超お勧めです。

「シンドラーのリスト」など、

パールマンによるサウンドトラックよりもさらに感動的です。


記事カテゴリー 音楽のこと

コメント

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

カレンダー

2019年4月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
2019年5月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です