現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリ

新着情報RSS

2024年04月30日
なりすましサイトにご注意
あらいぐま堂は、araigumado.comの他、楽天、Yahoo!ショッピングストア、amazon以外にありません。他のURLはなりすましの詐欺サイトです。
2024年04月24日
ゴールデンウィークの発送
ゴールデンウィークは、ほぼカレンダー通りです。
祝日は商品の発送ができません。
また、倉庫の事情により、多少遅れることがあり得ます。
ご注文される方は、余裕をもってご発注ください。
2023年12月27日
冬期休暇
12月28日から1月9日まで、冬期休暇です。
2021年08月07日
夏休み
倉庫が8月7日から15日まで休みのため、発送は16日以降になります。
2019年12月26日
冬期休暇について
倉庫、運送会社が休みに入りますので、12月27日午後から、明年1月6日まで商品の発送はできません。
お問い合わせは冬期休暇中でも可能です。
2016年08月08日
夏季休暇
あらいぐま堂の夏季休暇は、8月10日~8月15日です。
16日から通常出荷可能です。
2015年12月11日
欠品中のオーディオラック入荷!
欠品中だった、HF04シリーズ、AV03シリーズ、AV33シリーズ、HS03シリーズ、入荷しました。
2015年11月06日
QUADRALの新製品『ACSENT20LE』、『RHODIUM200』の取り扱いを開始致しました。
QUADRALの新製品『ACSENT20LE』、『RHODIUM200』の取り扱いを開始致しました。
どちらも素晴らしい再生能力を誇る銘機です。
ぜひ、実際の再生音をお確かめ下さい。
2015年08月03日
夏季休業に関するお知らせ
■数ある中から当店へお越しいただき、誠にありがとうございます。
■夏季休業に伴い、誠に勝手ながら、下記の期間、発送作業を行えません。
■製品に関するお問い合わせは、休業期間でありましてもお気軽にお尋ね下さい。

【休業期間】
2015年8月11日(火)~8月16日(日)

上記期間内にいただいたご注文は、17日以降に順次発送させていただきます。

お客様へは大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

あらいぐま堂
2015年05月26日
暑くなりそうですね
まだ5月なのにすでに気温は30度@_@;。
暑いですね。先が思いやられます。
暑いときは音楽を聞いたり、映像を見るのも億劫になりますが、
さわやか系音楽は涼しさを運んでくれます。
あらいぐま堂では、
右側メニューにあるあらいぐま堂のブログで、
製品紹介とともに、音盤紹介もやっています(そちらの方が多いみたい)。
中には、冬の更新もありますので
「うわ、暑苦しい音楽」というものもありますが、
なんとか更新を続けていますのでぜひご高覧ください。
2014年08月29日
オーディオラック新製品発売
オーディオラック、新製品の発売です。
今まで少なかったピュアホワイト、純白のオーディオラックです。
3段はXS03PWB、XS03PWS
4段はXF04PWB、XF04PWS
2014年08月05日
お盆の発送状況
お盆はあらいぐま堂そのものは休みではありません。
そのため、ご質問やご注文を受け付けます。
ただ、倉庫と運送会社が休むため、
8月12日から14日までは商品を送れません。
11日と15日は、ものによっては送ることができますが、
18日以降の発送とお考えいただいたほうがよいと思います。
また、一部メーカー直送品は18日からの発送となります。
2014年07月30日
あらいぐま堂はPayPal対応です
あらいぐま堂のクレジットカード決済はPayPalで可能です。
PayPalはアメリカeBayの支払いシステムから発展しましたが、
海外の買い物にも便利で、店長も重宝しています。
登録方法もかなり簡単で、セキュリティもしっかりしています。
あらいぐま堂のお買い物はぜひPayPalでどうぞ。
2013年12月24日
サイトオープンいたしました!
スピーカー、オーディオラック、アクセサリー、壁掛けTV用金具、オーディオ・ケーブル、スクリーンなど、オーディオ製品を扱います。
あらいぐま堂では、いい音、安全と安心、そして高いデザイン・クオリティの製品を厳選しています。
音と映像のある生活にあらいぐま堂は新しい提案を行います。

また、新しいフォノイコライザーを買ってしまった

2019/08/20(火)



MUSICA RAICHO3 PHONO、合研LAB GK06SPUに続いて、

新しいフォノイコライザー BAKOON PRODUCTS CAP-1004を導入しました。

熊本にあるオーディオメーカーです。

ただ、今の店長にとって、

信じられないくらい高価です(^^;。

なんせ14万円越えですから...。

iFiのiPhono2も候補にあったのですが、

その倍近い価格のCAP-1004にジャンプしてしまったわけです。

気になって仕方のないものは、

そういうものかもしれませんね。

これでしばらく財布のひもを締めなければならなくなりました(-_-;。


なぜ、新しいフォノイコライザーを導入したのか、

理由は色々あります。

まず一つはイコライジングカーブが6種類から選べるということ。

もう一つはカーブを切り替えても実際にアンプを通して、

スピーカーから出る音量が変わらず、

聞き比べに有利ではないか?と思ったことです。


MUSICAは6種類、

合研LABは4種類のカーブを切り替えることができますが、

BAKOON PRODUCTSの6種類は、

ほぼ、さまざまなレコードのカーブをカバーしているため魅力的です。

また、MUSICA、合研LABとも、

カーブを切り替えるとゲインが変わるため、

ボリュームで調整したり、

出力ゲインを切り変えたりと、

やや面倒でした。

その点、BAKOON PRODUCTSはカーブを切り替えると同時に、

ゲインも調整してくれますから楽です。


でも、どんな機材もそうですが、

操作に慣れるまで少し試行錯誤は必要です。

CAP-1004はカートリッジによってゲインを4種類変えることができます。

MCカートリッジの出力が低い場合には、

0dBや-10dBを選ぶわけですが、

DENON DL-103の出力は高めです。

それに、DL-103で0dBを選ぶと、

カーブを切り替えても、

その差が顕著に出にくいという面があります。

店長は、CAP-1004のゲインを、

MCポジションの-20dBか-30dBにして聞いています。

それによって、

カーブを切り替えた際の音質の変化を確認することができました。

また、MUTEスイッチはなぜついているのだろう?

と疑問に思っていましたが、

ゲインやカーブを切り替えるときにノイズが発生しますので、

切り替えるときにMUTEします。

ノイズが発生しない方がありがたいですが、

これはまぁ、仕方ないことですね。


また、アンプによってGNDをつないでいても、

ハム音が出ますので、

どこに置くのか?

の試行錯誤が必要です。

アンプによって、

割と近くに置いてもハム音が出ない場合もあります。

LUXMAN L-540ではけっこうハム音が出ますので、

あちこち置き場所を探索しました。


いろいろやって結果は良好、

へ~!という音が得られています。

カーブは現実的で、

RIAA、NAB、COLUMBIA、FFRR、AES、oldRCA

です。

NABが入っているところは嬉しいですし、

RIAAとAESの切り替えでも音量差がなく、

その効果の高さに大変重宝しています。

DECCA=LONDONのステレオレコードのイコライジングカーブは、

RIAAやFFRRよりもAESの方が多かったのではないか

(店長手持ちのレコードだけかもしれませんが)、

ということに気づかされました。


さらにDENON DL-103から、

ORTOFON MC20MK2にカートリッジを付け替え、

ゲインを変えて聞いてみました。

結果は極めて良好、

この古いカートリッジが、

今まで聞いたことのないような素晴らしい音で鳴っています。

なお、電源はUSBですので、

スマホなどに使うUSB → ACのアダプターがあると楽です。


今回はいつもの予算(あってないようなものですが^^;)を、

はるかにオーバーしてしまいましたが、

それだけの結果が得られています。

何でもやってみるもんだなと思います。


記事カテゴリー オーディオ

コメント

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

カレンダー

2024年6月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2024年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤字は休業日です